知っておいて損は無い遺産相続の情報をまとめました

不動産の相続で、名義変更しないことのデメリットとは?

親から不動産を相続する場合には、不動産の名義はどうすればいいか知っていますか?

不動産の名義変更は早めに行うことが大切であり、名義変更を行っておかないとデメリットがいくつかあるのです。

もし不動産を売却したいと思っていても、名義が親のままだった場合には名義変更を行ってからではないと売却する事もできませんし、遺産分割協議もスムーズに進められないことが考えられるのです。

死者名義では不動産を売却する事ができませんし、法定相続分として登記を行うなら遺産分割協議書は必要ありませんが、それ以外で登記を行う場合には遺産分割協議書が必要になりますよ。

遺産分割協議書には相続人全員の実印と印鑑証明書が必要になりますが、もし不動産の名義変更をせずに放置しておくと相続人がさらに増加して面倒くさいことになるようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る