知っておいて損は無い遺産相続の情報をまとめました

美術品・骨董品の相続財産としての取り扱い

相続財産の中でも美術品や骨董品はその評価によって相続税が大きく変わりますので注意する必要があります。

特にこうした美術品や骨董品は専門家でないと正しい価値を付けてもらうことができません。更に専門家に依頼しても分野が違ったりすると正しい評価を下せない可能性もあるので注意しましょう。
また鑑定するための費用は全額負担となりますから、評価の結果に関わらず一定の費用が発生してしまう点も覚えておいてください。

美術品や骨董品の相続財産に関しては、生前に鑑定しておくことで多くのトラブルを防ぐことができます。
例えば複数の美術品や骨董品を分ける場合、単に購入したときの金額だけで分けてしまったりすると、後に高い物だけを一人が相続してしまうというリスクが起こります。事前に鑑定しておけば相続人は鑑定費用の負担もありませんし、平等に分けることができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る